猫に会える場所はこんなところ~身近な【猫スポット】探し~

作品画像

猫を飼っていない私にとって、猫絵制作に欠かせないのは、まずネタ探し(猫モフりも出来ればベスト(^^))に出かけることです。

とはいってもそんなに全国あちこち出かけられる訳ではないので、

今回は私がネタ探しを通して実際に行った猫スポットと、猫との遭遇率(!?)が高い場所などを紹介します。

猫は飼えないけど会いたい、猫と戯れたい、という方も是非。

【猫スポット】江ノ島

猫の島というと、「猫神様」のいる宮城県の田代島、「飛び猫」で有名な香川県の佐柳島etc…

「行ってみたい猫島」はたくさんあるのですが、埼玉に住む私にとって、一番身近で有名な猫島といえば「江ノ島」です。

ここの猫たちには猫絵制作初期からかなりお世話になっています。何しろ付き合いのいい(逃げない)猫が多いんです。

基本的に、島の方が飼っているか、地域猫として保護している猫なので、ごはんは充分もらっているようです。

猫写真

なのでむやみにごはんを与えないようにしましょう。そもそも餌で釣る必要無いくらいサービス精神旺盛な猫が多いです。

モフらせてくれるわ、写真を撮っていると結構いいポーズとってくれるわ、何か役者だなあ。慣れてる?と驚きつつ、嬉しい(>_<)

猫写真 猫写真 猫写真

島自体がそれほど広くないので、1日見てまわればほぼ確実に猫とご対面できると思いますが、

ニャンコ探しに的を絞り、人気の多いところをちょっと外れて歩いてみた方が効率が良いかも?

ロケーションも海辺から路地裏まで盛り沢山!猫撮影には打ってつけです。

※当然ですが、可愛いからといって連れて帰らないようにしましょう。地域の大切な猫たちなので(^^)

【猫スポット】城ヶ島

三浦半島の先端にある城ヶ島。観光地としては江ノ島の方が有名ですが、こちらの島は静かで自然豊かで、また違った魅力があります。

城ヶ島大橋で繋がっているため、車で普通に行けます。また、三崎口駅からバスが出ているので、電車でも行けるアクセスの良さ。

猫が多いと有名な城ヶ島公園をまず散策してみましたが、訪れた日が雨天だったためか、残念ながら出会えず。

地元の方(もしくは常連さん?)と一緒にいる猫が1匹だけいたので、話を伺ったら、以前より数は減ったけどいるらしい。

今日は雨だから隠れているんだろうな…としょんぼりしつつ、他を探すことに。

夕方漁港付近を散策していたら、丁度雨があがったのも良かったのか、いましたいました。ほっ。

猫写真 猫写真

翌日城ヶ島灯台付近を散策したところ、ここでも出会えました。

猫写真

それほど沢山いる感じではないですが、江ノ島と同じく地域猫として可愛がられている様子で、島の雰囲気も良いのでまた訪れたい場所です。

【猫スポット】猫駅長のいる駅

和歌山電鐵貴志駅の「たま駅長」が火付け役と言われており、全国各地に猫駅長の存在が知られるようになりました。

ここでは、私が猫駅長に出会った会津鉄道芦ノ牧温泉駅をご紹介します。

芦ノ牧温泉駅公式サイト

http://ashinomakionseneki.com/

初代「ばす駅長」は平成20年から27年まで名誉駅長として活躍しました。

元々は地元の小学生が保護し、駅に住みついていた猫を、名誉駅長として任命したそうです。

平成28年に永眠しましたが、推定年齢は人間でいうと100歳近い大往生。

南会津の方へよく釣りに出かけていたので、初代のばす駅長の頃に芦ノ牧温泉駅の存在を知りました。

電車でも何度か訪れ、癒やされていたので、私は勝手に何かのご縁を感じ、ばす駅長の絵を描かせていただきました。

完成した絵をお見せしたところ、駅長さんがとても喜んで下さり、駅舎に飾っていただけることになりました。

展示風景写真

現在は、二代目名誉駅長「らぶ」が活躍中で、らぶ駅長の絵も飾っていただいています。

【猫スポット】猫カフェ

猫と触れ合いたい、と思ったらまず思いつく一番確実な方法ですよね。

私はこれまで、出かけた先や散歩先で出会える猫で結構満たされていたためか、

猫カフェはそのうち行こう、でまだ行ったことがないので、色々調べてみたら、

シンプルに猫と触れあえるカフェの他にも、

保護猫と触れあうことのできる「保護猫カフェ」というところがあり、とても興味があります。

駅前などでよく行われている保護猫の譲渡会は、気になる反面、私は飼えないし見に行くのは気が引ける…と毎回思っていたのですが、

保護猫カフェは、飼いたいという方はもちろん、保護猫たちと遊ぶだけでも入場料金が支援になるということなので、今度ぜひ行ってみたいです。

今は飼えないけど、いつか飼うことができたら保護猫を迎えたいと思っている方にもおすすめです。

【猫スポット】漁港

猫島を紹介している映像でも漁港付近に猫がいることが多いですよね。

普段海無し県に住んでいるため身近では無いですが、海付近に出かけた時は、必ず漁港の猫探しをするようにしています。

お天気やタイミングもあるので、あまり期待しすぎず出かけるたびに気にかけておくようなスタンス。

毎回ではありませんが、気長に探しているうちにどこかしらの漁港で出会えます(^^)

猫写真

漁港と猫は、絵の題材としてもかなり魅力的なので、お気に入りスポットです。

【猫スポット】管理釣り場

釣りを趣味でやっている中で気づいたのが、管理釣り場には結構な確率で猫がいる!

なついてくる可愛いのがいると、時に釣りそっちのけになってしまうんですよねー。

猫写真

猫の撮影のみで入場することはできないので、釣りが好きな人限定スポットにはなりますが、

初心者やファミリーでも楽しめる管理釣り場はわりと多いので、ニャンコ探しと併せておすすめです。

猫に釣ったお魚をねだられたり、奪われたりすることもあるのでご注意を(!?)

【猫スポット】公園

私が実際に行ったことがあるのは、若洲海浜公園です。

こちらも釣りきっかけで知ったのですが、いつ行っても数は多くないですがだいたい会えます。

人口磯をテリトリーにしている猫。岩場からひょこひょこ顔を出すのが何とも可愛い。

猫写真

東京ゲートブリッジの撮影スポットとしても知られています。夜のゲートブリッジが綺麗です。

夜景写真

有名どころで気になっているのが、大井ふ頭中央海浜公園。かなり遭遇率が高く、人懐こい猫が多いとか。行ってみたい!

他にも、千葉県の稲毛海浜公園、袖ケ浦公園などは有名な猫スポットのようです。

【猫スポット】まとめ

ご紹介したスポットはほんの一例です。神社などもよく猫スポットとして紹介されています。

また、有名どころにこだわらず、いつもの散歩コースを少し変えてみたりすると、意外な猫との出会いがあるかも…

猫好きにとって、どこへ行っても猫のいる光景というのは大変癒やされるものですが、

公園など猫スポットの多くは、捨てられてしまった猫を地域の方やボランティアの方が保護し、世話をされていることと、

増えすぎずに人と共存していくための様々な活動をされていることで成り立っています。

猫スポットを訪れた際には、そういった背景も踏まえつつ、猫とのふれあいのひとときを楽しんでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です